ララルーチュレジーナとララルーチュRFの違いは?効果はどう?

メニュー

人気美顔器使ってみました | ララルーチュレジーナ編

★ニュース!★

 

杉本彩さんの美顔器ララルーチュレジーナは、ララルーチュRFとして生まれ変わりました。

 

ララルーチュレジーナとララルーチュRFの違いはコチラでまとめています。

 

 

  • 杉本彩さんがプロデュースした大人気の美顔器
  • リニューアルしてEMSが2倍の出力になりたるみの引き締めケアがさらに効率化♪
  • アラフォーからのエイジングケアに特におすすめの美顔器

 

機能

価格

評価

EMS、エレクトロポレーション、高周波、LED、ゲルマチップ

初回27,000円

美顔器,ランキング,人気,おすすめ,効果,たるみ,ほうれい線,シワ,毛穴,シミ

 

「ララルーチュ」として登場してから人気がどんどん上昇し、現在は「ララルーチュRF」となってさらに注目度が上がっている美顔器。

 

初代の美顔器ララルーチュと比べてEMSの出力が2倍になり、黄色LEDも加わってさらに効率的にエイジングケアができるようになりました◎

 

ここでは、実際にララルーチュレジーナを使ってみて感じるララルーチュとの違いや、アラフォーの管理人が感じた効果などを画像を交えて詳しくご紹介してみます♪

 

 

ララルーチュRFってどんな美顔器?先行美顔器との違いは何?

既にご紹介した通り、ララルーチュRFは、ララルーチュ⇒ララルーチュレジーナ⇒ララルーチュRFとバージョンアップしてきた、ララルーチュシリーズの3代目にあたる最新美顔器です。

 

では、ララルーチュレジーナからララルーチュRFになって何が変わったのか?というと…

黄色LEDが追加!

ララルーチュシリーズの美顔器は、これまで赤色LEDと青色LEDの2色を使うことができましたが、ララルーチュRFになってさらに黄色LEDが追加されました(画像では黄色が良く見えませんが、だいじょうぶ、入ってます)。

 

黄色LEDは、リンパの流れを活性化したり細胞の修復を促進する効果が期待できると言われており、老化が気になるお肌を元気にするためにおすすめの美顔器機能。

 

LEDが使える美顔器の中では、赤と青は一般的なのですが、黄色までつけている美顔器はあまり多くなく、黄色LEDまで使える美顔器は高級美顔器のイメージです。ララルーチュRFではこの黄色LEDまでつけてきて、今まで以上にアンチエイジングに気合が入っています◎

 

EMSの出力が2倍に!

また、ララルーチュRFの前の機種であるララルーチュレジーナ美顔器では、初代ララルーチュに比べてEMS出力が2倍になり、これはララルーチュRFでももちろんそのままです。これに伴い、初代ララルーチュの時よりもケア時間が半分の5分となりました。

 

(画像は先代美顔器のララルーチュレジーナです)

 

このEMSの違いは、体感できるほど本当に強くなったのかというと、実際なかなか違いを感じます。

 

EMSの出力は、3段階の中から選びます。私の個人的な感覚では、最新機ララルーチュRFのEMS強レベルは、初代ララルーチュの強レベルと比較するとかなり強いです。バージョンアップ後の中レベルが、前の強レベルと同じかそれよりも少し強く感じるくらい。

 

なので初代ララルーチュ美顔器を知っている人からすると、2代目ララルーチュレジーナや最新機ララルーチュRFのEMSの強さは「おお、確かに強くなってる!」と感じると思います。私の場合は特に目の周りなどEMSの刺激を感じやすい部分で、初代の時よりも筋肉が強く動いているのが良く分かりました。

 

なお、私はララルーチュRF美顔器のEMSで最強でも痛いとは感じませんでしたが、初めて使う方は最初は一番弱いLOWレベルから始めるようにしてください。

 

その他のエイジングケア機能は同じクオリティを維持

ララルーチュRF美顔器では、その他のエイジングケア機能はこれまでと同じクオリティを維持しています。たるみや肌のハリケアにおすすめの機能が山盛りのララルーチュRF美顔器、具体的にはどんな機能がついているのかというと…

コアパルス(エレクトロポレーション)で美容液の浸透!

ララルーチュRF美顔器には美容液の浸透機能がついており、いつも使っている化粧品をいつもよりさらに肌深くまで浸透させることができます。

 

 

美容液の浸透というと、美顔器では「イオン導入」が知られていますが、ララルーチュRF美顔器についているのは「コアパルス(エレクトロポレーション)」

 

コアパルス(エレクトロポレーション)もイオン導入のように美容成分を浸透させる技術ですが、イオン導入よりも浸透できる成分の種類が多く、例えばイオン導入では浸透できないとされるヒアルロン酸やコラーゲンなどの分子が大きな成分も浸透できます

 

このため、お肌のハリアップなどのエイジングケアにこだわりたい方には特に人気のある美顔器機能です。

RFラジオ波(高周波)で肌の温め&浸透効率アップ♪

「RFラジオ波(高周波)」も、コアパルス(エレクトロポレーション)と並んでエイジングケアに敏感な女性の間で人気が高まっている美顔器機能の一つです。

 

高周波の基本的な役割は、肌の中で熱を作ること。この熱が、皮膚でコラーゲンを作っている細胞を刺激することでコラーゲンの生成を助けます。このため、RFラジオ波(高周波)はたるみが気になる方にとても人気の美顔器機能となっており、最近の美顔器ではRFラジオ波(高周波)をつけている美顔器がとても多いのです。

 

実際、ララルーチュRF美顔器を使ってみると肌にほのかな温かさを感じて気持ち良いのと、ケア後の肌がほんのり桜色になって血行が良くなったのが分かります◎また、この温かさをしっかり感じるように意識しながら使うときの方が、美容液が肌に入りやすくなるのか後からべたつきを感じることもない気がします。

LED(赤と青)でハリUP&毛穴ケア

黄色LEDがララルーチュRFになって新しく搭載されたことは既にご紹介しましたが、LEDの赤と青は、これまでも付いていた機能です。これらもエイジングケアをしたい方に人気の美顔器機能ですね。

 

(画像は先代美顔器のララルーチュレジーナです)

 

LEDの中でも、赤色のLEDは皮膚でコラーゲンを作る繊維芽細胞を活性化させる効果があり、お肌のハリアップやたるみの引き締めに効果が期待できることから、LED美容の中でも定番の色となっています。

 

また、青色LEDは老化の原因である活性酸素の除去を助ける他、アクネ菌を殺菌したり皮脂腺を収縮して皮脂の分泌を抑えることから、毛穴やニキビの悩みにも効果が期待できる機能です。

 

ララルーチュレジーナ美顔器では、この2色のLEDで同時にケアを行います。

 

ちなみに、LEDのレベルはララルーチュレジーナやRFになっても同じはずなのですが、レジーナになってパワーアップした!という期待感からなのか何だかちょっと明るくなったような錯覚を覚えました(笑)。このLED光はもちろん無害ですがじっと見たりはしないでくださいね。

 

ララルーチュRFの効果的な使い方!

では、黄色LEDがついてEMSのパワーも初代の2倍になったララルーチュRF美顔器を効果的に使い倒す方法を確認しましょう♪

基本的な使い方の流れは、

  1. 美容液やジェルを肌に塗って、
  2. ララルーチュRF美顔器をコードにつないで電源を入れ、
  3. EMSの出力を3段階の中から選んだら、
  4. 肌に当ててトリートメントを始めて、
  5. 開始から5分経過すると電源が落ちるのでそこで終了。

という形です。特に複雑なことはないですね。(画像は先代美顔器のララルーチュレジーナです。)

で、肝心の、ララルーチュRF美顔器を肌の上でどうやって動かしたら効果を感じやすいのか?というところをもう少し詳しく見ておきましょう。

基本は顔の中心から外に向かって、くるくると回すように

ララルーチュRF美顔器を肌に当てる時は、顔の中心から外に向かってくるくると回すように動かします。ここは他の美顔器と同じですね。

 

<<基本のおすすめトリートメント方法>>

 

  • Step1. 頬とほうれい線のトリートメント

ララルーチュRF美顔器でほうれい線や頬をトリートメントする際は、アゴから始めてほうれい線の上を撫でるようにしながら目の下を通ってこめかみまで上げていきます

 

そして、ほうれい線の下(口の横やあごのあたり)からフェイスラインにかけて、下から上に引き上げるつもりでくるくると回すようにララルーチュRF美顔器を動かします。

 

個人的にはやはりこのケアが、一番たるみやほうれい線などの悩みに効く気がして好きですね。ただ、偏ったトリートメントは望ましくないのでもちろんこのまま手順に沿ってケアを続けました。

  • Step2. おでこのトリートメント

おでこをトリートメントする際は、まず眉毛の間を真上に引き上げるように動かし、次に横に向かってララルーチュRFを動かします。

 

次に、眉間の中心から生え際に向かって斜め上に引き上げるようにララルーチュRF美顔器を動かします。

 

おでこは、特に40代から50代のエイジングケア世代では、シミができたり表情シワができたりするので美顔器でケアしたいパーツの一つですが、美顔器によってはおでこには使えないことがあります。この点、ララルーチュRF美顔器ではおでこもケアの範囲に含まれるのでありがたいですね◎

  • Step3. あごのトリートメント

ララルーチュRF美顔器によるあごのトリートメントは、なかなか気に入っています。

 

あごのトリートメントでは、あごの下部分をまんべんなくくるくる動かすのと、あご下からフェイスラインに沿って耳の下まで引き上げるようにララルーチュRF美顔器を動かします(耳の近くまで来るとEMSのピリピリ・もぞもぞが変な感じ笑、ですがそんなことはものともせずケアします笑)。

 

これも、二重あごなど40代から50代にかけてのフェイスラインのたるみに直結するケア方法な気がするので、ちょっと重点的に行いました。

 

目尻や口角など気になる部分は特別にケア

また、ララルーチュRFでは、目尻や口角など細かい部分にはより細かなトリートメントをすることができます。

 

<<部位別のトリートメント方法>>

 

  • 目尻のトリートメント

目尻は表情シワや乾燥小じわが気になる部分なので是非きちんとトリートメントしたい部分ですね。

 

目尻をトリートメントする際は、目尻/こめかみ付近をくるくる回すようにララルーチュRF美顔器を動かすのと、目の下から目尻に向かって上に引き上げるように動かすのをセットで行います。

 

※この時、まぶたの上からアイホールにララルーチュRF美顔器を当てたり、眼球(粘膜)に当てたりしてはいけません。

 

私はこれに加えて、ララルーチュRFを眉毛の上でくるくると動かしたりもしています。そうすると、目の周りの肌が潤うのと、目がパッチリ大きくなる効果を感じやすくなりました◎

  • 口角のトリートメント

口角を上げていきたい場合は、鼻の下から頬にかけて引き上げる動きと、口の下から頬にかけて引き上げる動きをセットで行います。

 

これは、ほうれい線とマリオネットラインが一体化してきていると感じている方や、だんだんブルドッグ顔が進行してきたと感じている方には是非行っていただきたいケア方法ですね。

  • デコルテのトリートメント

デコルテは、上から下に向かって、首筋からデコルテにかけてララルーチュRF美顔器でなぞるようにします。

 

耳の後ろから肩に向かって流すようにしますが、やっぱり耳の近くではララルーチュRFのパワーアップしたEMSによるピリピリもぞもぞに慣れません…笑。心の中で「ひゃーなんか変ー」とか言いながらケアしました笑。

 

ただこれも笑ってる場合ではなく、40代前後から首筋のシワがなかなか取れなくなってくるので、ちょっと頑張ってケアしたいところです。

 

※のどぼとけは避けてケアします。

 

 

こんな感じでケアしたララルーチュRF美顔器、次はいよいよ(ようやく?)その効果ビフォーアフターを画像でご紹介します♪

ララルーチュレジーナの効果ビフォーアフターを画像で確認!

(※ここでは、ララルーチュRF美顔器の先行機、ララルーチュレジーナを使っての効果のビフォーアフターを掲載しています。ララルーチュRF美顔器のビフォーアフターも近日公開予定!お楽しみに♪)

 

それでは、ララルーチュレジーナ美顔器の効果について、管理人の肌やたるみで感じた変化を画像でご紹介していきましょう(お待たせー!)。

効果を一番感じたのはフェイスライン♪

ララルーチュレジーナ美顔器で私が最初に一番効果を感じたのは、フェイスラインのたるみです。

 

フェイスラインは顔全体の印象に関わる大きな部分だからなのか、実はララルーチュレジーナによる1回のトリートメントだけでも結構即効性を感じることができました♪

 

では早速、フェイスラインでの効果をビフォーアフターの画像で見てみると…

 

 

アフターの写真の方が、ビフォーの写真より頬(というかアゴ?)が細くなったのが分かります。

 

特に、画像の中で白の矢印で示した顔の右側(写真では左側)の頬のふくらみのようなたるみが、アフター画像では小さくすっきりして、顔の面積が小さくなったのが分かりますね♪(ヤッター

 

管理人はレジーナになる前のララルーチュ時代からララルーチュシリーズの美顔器にはお世話になっています。ララルーチュの時から即効性は口コミでも評判になっていましたが、この即効性の高さはレジーナになって確かに上がったかも、という気がします。

ほうれい線は、効果を感じるものの一進一退

次はほうれい線です。

 

ほうれい線も、ララルーチュレジーナ美顔器で効果を感じやすいパーツだなと思います。というのは、結構分かりやすく効果が見えるんですよね。ビフォーアフターを画像で見てみると↓

 

 

ほうれい線が浅くなって影が薄くなっているのと、ほうれい線そのものの長さも短くなっていますね。ララルーチュレジーナ美顔器をほうれい線に沿って上にリフトアップしたり、頬を持ち上げるようにくるくると動かすトリートメントが効いたのかな?と思っています。

 

ただ、ほうれい線については、トリートメント1回目でも即効性をある程度感じることができましたが、油断して継続的なケアを怠ると元通りになるようなので、やはりララルーチュレジーナ美顔器で継続的にケアするのが大事だなと思います(元通りになる気がするのは、もしかすると、いつも気にしているパーツなのでつい批判的に観察してしまうから、というのもあるかもですが…)。

 

ただこの辺は、ほうれい線もフェイスラインも同じかもしれませんね。つまり、1回のケアで「わお♪」という効果が感じられても、そもそも加齢でたるみ始めている訳ですから、即効性に満足してケアをさぼれば元通りになるのは避けられないでしょう。

おでこのシワが目立たなくなった!

ララルーチュレジーナ美顔器で嬉しい効果を感じたパーツ、もう一つがおでこです。

 

ほうれい線に比べるとおでこのシワは自分ではあまり気にしていなかったのですが、ビフォーアフターの写真を撮ってみたらおでこにも効果を感じる…。ということは、自分が気付いてなかっただけでおでこも相当老化がキテたって事?!と、結構ショックでした…

 

こちらがその画像↓

 

 

これもララルーチュレジーナ美顔器のケア1回での効果です。シワシワのおでこが、アフターではずいぶんふっくらとまぁハリが出て…喜んでいいのやら悲しんでいいのやら。←いやもちろん喜ぶべき

 

おでこもやっぱり、ララルーチュレジーナ美顔器の取説通り、眉間の真ん中を生え際に向かって動かしたりおでこの中心から眉毛と平行に横に向かって動かしたりと、たるんだ皮膚を外側に向かって伸ばしていくイメージでトリートメントしました。

 

ちなみに、写真を撮るまでおでこでの効果には気付かなかったのですが、顔全体の印象としては、ララルーチュレジーナ美顔器でケアをした後の方が顔が元気でしっかり目覚めているように見えていたんですよね。そして、こうして写真で具体的な効果を確認してみて初めて、「なるほど、こうやって肌にハリや弾力が戻ったから顔が元気に見えるのかな?」と腑に落ちた気がしました。

 

 

 

ララルーチュRFの先行機、ララルーチュレジーナ美顔器では、上記のように「フェイスラインのたるみ」「ほうれい線」「おでこのシワ」などいろいろな効果を感じたわけですが、まじまじと顔や肌を観察してみた印象としては、

  • フェイスラインやほうれい線の効果は、EMSの筋肉刺激や高周波などでたるみ全体が引き締まったことによるもの
  • おでこの効果は、美容液の浸透により肌が潤ってふっくらしたことによるもの

のように感じました(もちろん医学的な根拠はないのですが)。この辺は、1台でいろんな機能が使えるララルーチュレジーナ美顔器ならではかもしれないですね♪

 

このように、ララルーチュレジーナは美顔器としてはかなり優秀な部類に入ると感じています。たるみの引き締め、肌のハリアップなど、アラフォー以降のエイジングケア世代にはとても魅力的な美顔器といえそうです◎

 

 

ララルーチュRFの美容液はどれを使えばいいの?

ララルーチュRF美顔器では、専用美容液の縛りがありません。なので、いつも使っている化粧水やジェルなどをコアパルス(エレクトロポレーション)の導入に使うことができます。この辺の柔軟性の高さもララルーチュRF美顔器の嬉しいところですね◎

 

 

ですが、コアパルス(エレクトロポレーション)では結構いろんな成分を浸透できてしまいます。

 

つまり、導入する化粧品の中にパラベンやらアルコールやら合成界面活性剤など肌に刺激となる成分が入っている場合、それらも浸透できてしまうんですね。

 

なので、手持ちの化粧品でララルーチュRF美顔器のトリートメントを行う場合は、刺激成分がその化粧品に含まれないかきちんとチェックするようにしてください。また、乳液やオイルなどもNGです。それさえ心がければ大丈夫。

 

ララルーチュRF美顔器におすすめの化粧品は少しとろっとしたジェルタイプ

ちなみに、自分でララルーチュRF用に化粧品を選ぶ場合、成分に気を付ける以外にテクスチャにもちょっとこだわると良さそうです

 

というのは、化粧品のテクスチャによって、EMSの刺激の感じ方が変わるんですよね。

 

例えば、ジェルのような固めのテクスチャの場合、EMSの感じ方は若干マイルドになります。逆に化粧水のようなさらさらしたテクスチャの場合、ララルーチュ美顔器のEMSのピリピリを強めに感じることが多いのです。

 

この辺は、好みによって変わってきそうなので、自分が一番快適にケアができる化粧品を見極めていきましょう◎

 

個人的には、化粧水や美容液のようなさらっとしたテクスチャの化粧品より、肌に乗せるとゆーっくりと流れ始めるかな?くらいの固さのあるジェルの方が、EMSの刺激も強すぎず弱すぎず、美顔器の滑りも良く、使いやすいかなという気がします。

 

自分で化粧品を見極めるのが面倒な場合は

でも、いちいち「この化粧品は導入できるのかな?この成分は何??」と調べるのが面倒な管理人みたいな方(笑)には、ララルーチュRF美顔器のために開発された「リベラータ クリアアップセラム」が便利かもしれません。

 

 

クリアアップセラムは、無色透明・無香料で見た目はとてもシンプルです。が、成分はとてもリッチで、

  • プラセンタエキス
  • コラーゲン
  • ヒアルロン酸
  • エラスチン
  • セラミド種類
  • αアルブチン
  • アスタキサンチン

などが配合された、美容成分99.5%のセラムとなっています。

 

ララルーチュRFは毎日使ってもいい?

美顔器によっては、週に2〜3回のケアをおすすめしているものも多いです。

 

 

例えば毎日ケアするとかえって肌に負担になってしまうとか、筋肉をトレーニングするにはケアの間を少し開けた方が良いとか、それぞれの美顔器で事情が異なります。

 

ではララルーチュRF美顔器ではどなのかというと、ララルーチュRFは毎日使ってもOKです。

 

管理人の場合は、基本は毎日使いつつ、面倒に感じたときはサボったりもします(面倒くさがり、発動!笑)。ただし、立て続けに人に会う予定があるときなどは、もちろん連日ララルーチュRFをきちんと使ってケアします。

 

この点、使える日数が限られていないことは、使いたいと思った日に使えるのでとても便利ですね◎

 

ララルーチュRFのメリット&デメリット

さて、効果の面ではとても好印象の美顔器ララルーチュRFですが、デメリットはないのでしょうか?ここでは、使い勝手や購入方法などの面でのメリットとデメリットをまとめてみます。

ララルーチュRF美顔器の悪いところ

まず、悪いところ(デメリット)から行ってみましょう。

充電式じゃない

ララルーチュRFは、コードを繋いでトリートメントするタイプの美顔器です。

 

なので、充電式美顔器のように顔に当てながらキッチンに行ったりソファに座ってTVを見たり…ということができません。「ながら」美顔器ケアを求めている方にはこれはちょっと不便かも。

 

ただ、基本的にはケアは5分で終了してしまうので、充電式だったとしてもあまりいろいろ同時にすることはできない気もします。また、電池の重さが本体に含まれないので美顔器本体がとても軽いことは、むしろメリットにもなりますね。

 

EMSが強くなった分ちょっとピリピリを感じる

初代ララルーチュが2代目ララルーチュレジーナにリニューアルしてEMSが強くなりました(最新版ララルーチュRF美顔器でもこのパワーアップしたEMSを使うことができます)。このため、当然ですがEMSの刺激も強くなりました。

 

管理人は既にいろいろ美顔器を使っていていろんな種類の刺激に慣れているため、パワーアップしたララルーチュのEMSも特に気になりませんが(耳周辺のもぞもぞ感は除く笑)、こういった刺激に慣れていない方はちょっと注意深く検討すると良さそう(でも痛くはないのでそこまで心配する必要もありません)。

 

もちろん、EMSのレベルは3段階から選べるので、一番弱いLOWから始めればほとんどの方は問題なく使えるでしょう。

 

ケア時間が短くなった分ペース配分に慣れる必要がある

ララルーチュレジーナになってEMSの出力が2倍になった分、ケア時間が短くなりました。このため、1か所にかける時間も短くなりました。

 

ほうれい線やフェイスラインなど、気になる場所にはやはり重点的に時間をかけたくなりますが、全ての場所を5分で終えようとすると、特に最初はペース配分にちょっと戸惑います

 

(結局は慣れの問題ですが、この辺も戸惑う方はいらっしゃるかもしれないなということでデメリットに含めておきました。)

 

ララルーチュRF美顔器のメリット

次はメリットです。やっぱり何事も平等にね(笑)

 

ヘッドがコンパクトで鼻の横や目の下にも当てやすい

ララルーチュRF美顔器のメリットの一つ目は、ヘッドの形状です(画像はララルーチュレジーナです)。

 

ララルーチュRFは、ヘッドが横向きの楕円になっていて結構コンパクトに作られています。この形が、小鼻や目の周りの細かい部分にフィットしやすくてかなり好印象。上手に肌に当てられないと望む効果も得づらくなっちゃいますからね。

 

美顔器のヘッドはまん丸のものが多かったりしますが、楕円になっているというだけでとても使い勝手が良い!ということをララルーチュ美顔器で初めて知りました。

 

多機能美顔器としては価格が安い

価格の安さもララルーチュRF美顔器のメリットと言えると思います。

 

ララルーチュRF美顔器の本体価格は税抜30,000円。3万円で、RFラジオ波、EMS、コアパルス、3つのLEDというたくさんのエイジングケア機能を使うことができるんですね。

 

ララルーチュRFの様にアラフォー以上の世代を対象とした多機能美顔器は、5万円〜10万円前後になることが多く、それを考えるとララルーチュRF美顔器の価格はとても手の届きやすい設定になっています◎

 

ジェル購入回数のしばりが少ない

専用ジェルの購入回数のしばりが少ないこともララルーチュRF美顔器のメリットの一つです。

 

美顔器では、専用のジェルを定期購入にすると割安になるサービスがポピュラーですが、ララルーチュRFにもその仕組があります。

 

ですが、ララルーチュRF美顔器のジェル定期購入は、購入回数のしばりが「2回」だけ!なんですね。なので、リスクがとても少ないのです。(もちろん、気に入ればもっと続けることもできます)

 

ジェルの長期間の定期購入を義務付けている美顔器と比べると、ララルーチュRFが2回だけでOKなのはなんだかとても良心的なものを感じてしまうのは私だけでしょうか…

 

ララルーチュRF美顔器を最安値で購入するには

では最後に、とても気になる「ララルーチュRF美顔器を最安値で購入する方法」です。いくつか購入方法を比較してみましょう。

楽天でララルーチュRFの最安値?

何かの激安価格を探すのに最初に見るのは楽天!だと思いますが、リニューアルしたばかりのララルーチュRFは、まだ楽天に出品がありません。

 

ただ、今後出品されるかもしれませんし、楽天ユーザーの方はちょこちょこチェックしてみると良いかもですね。

 

その際は、定期購入などによる割引の仕組があるかどうかしっかりチェックしてみてください。もちろん、既にたくさんポイントがたまっていれば、割安価格になっていなくてもお得に購入できることもあるでしょう。自分が持っているポイント数との相談になりますね。

 

>>ララルーチュRFを楽天で探す

 

AmazonでララルーチュRFの最安値?

では、Amazonではどうでしょう?

 

残念ながら、ララルーチュRFはAmazonにもまだ出品がありません。。

 

ただこちらも、これから出品されることもあるかもしれないので、楽天同様にちょこちょこチェックしてみると良いかもしれません。

 

やはり、何らかの割引制度がないか目を凝らしてチェックしてくださいね。

 

>>ララルーチュRFをAmazonで探す

 

結局公式サイトが一番激安になる?!

楽天やアマゾンではララルーチュRF美顔器の激安価格が見つからない(涙)となると、激安価格が見つかるのはどこでしょう?

 

 

実は、結局公式サイトで定期購入するのが一番お得になります

 

というのは、ララルーチュRF美顔器本体と専用のクリアアップセラムを合わせた特別定期購入の仕組があり、これを利用すると

  • 初回の本体価格が、通常32,400円が27,000円(5,400円オフ)
  • 1回目のセラムが無料(4,860円オフ)
  • 2回目以降のセラム定期購入は、通常4,860円が2,980円(1,880円オフ)

と、常にお得に購入し続ける仕組が整っているのです。

 

ララルーチュRF美顔器と専用セラムをセットで試してみたい方には、結局この方法がトータルで一番の最安値となるんですね◎

 

 

ここまで、

  • ララルーチュ・ララルーチュレジーナ・ララルーチュRFの違い
  • ララルーチュRF美顔器の効果を感じる使い方
  • ララルーチュ美顔器の効果(ビフォーアフター)
  • ララルーチュRFと使う美容液の選び方
  • ララルーチュRFの良い点・悪い点
  • ララルーチュRF美顔器を最安値で購入するための選択肢

をご紹介してきました。

 

たるみやほうれい線、お肌のハリなどの効果や使い勝手の意味で非常に好印象となった、エイジングケア美顔器ララルーチュRFは、公式サイトからのポイント活用や定期購入制度を賢く利用することで、大手通販サイトよりさらに安くお得に購入できます♪

 

杉本彩さんがこだわりを持ってプロデュースした美顔器ララルーチュRF、当サイト的にもとても40代から50代の方にとてもおすすめの美顔器となりました。

 

エイジングケアに本気で取り組みたい方におすすめの美顔器です♪

 

\公式サイトが一番お得♪/