リボーン 効果

メニュー

人気美顔器使ってみました | Re;Born+(リボーン)編

  • 5つの機能を贅沢に使えるエイジングケアのための美顔器
  • ヒト幹細胞培養液をベースにした高機能美容液を浸透
  • 顔の形にフィットしリフトアップしやすい独自U字型ヘッド
  • EMSとRF高周波によるダブルのハリアップ効果
  • モンドセレクション金賞受賞

 

機能

価格

評価

エレクトロポレーション、LED(赤・青・黄)、RF高周波、EMS、イオン導入

初回7,540円

美顔器,ランキング,人気,おすすめ,効果,たるみ,ほうれい線,シワ,毛穴,シミ

 

贅沢に5つもの機能が搭載され、浸透(導入)する美容液もヒト幹細胞培養液をベースにした高機能美容液と、とてもハイスペックなケアができる話題の美顔器、Re;born+(リボーン)。

 

それだけのハイスペック美顔器なら効果も相当出たのか?!買って失敗はしないのか??!管理人の肌で体験したリボーン美顔器の効果を詳細に口コミレビューします♪

 

Re;born+(リボーン)てどんな美顔器?

家庭用の美顔器の中でも特に機能性が高いRe;born+(リボーン)美顔器。どんな機能がついていて何ができる美顔器なのか、順に見てみましょう。

5つの機能が一度に使える美顔器?!

Re;Born+(リボーン)美顔器は、5つの機能が一度に使える美顔器です。使える機能は、

  • エレクトロポレーション:美容液の浸透
  • イオン導入:美容液の浸透
  • LEDフォトフェイシャル:肌荒れ対策(赤)、透明感(黄)、皮脂コントロール(青)
  • RF高周波:インナーマッスルを刺激
  • EMS:表情筋のトレーニング

の5つ。

 

エイジングケアのための美顔器では、「エレクトロポレーション+赤青LED+RF高周波+EMS」くらいまでは比較的見かける組み合わせですが、Re;born+(リボーン)美顔器が特徴的なのは、LEDは3色全て、そしてさらにイオン導入まで搭載していること

 

美容成分の浸透のための機能としては、ほとんどの美顔器でエレクトロポレーションかイオン導入のいずれかしかついていませんが、Re;born+(リボーン)美顔器ではどちらもつけてしまったのですね。なんというか、もうとことんやる!という感じです(笑)。

 

では、それぞれの機能が何をするのかもう少し具体的に見ておきましょう。

エレクトロポレーションとイオン導入とは?

エレクトロポレーションとイオン導入は、どちらも美容液を皮膚に浸透させるための技術です。電気の力で皮膚の細胞膜に隙間を作ったり(エレクトロポレーション)、皮膚のバリア機能を一瞬緩めたり(イオン導入)、などして美容成分を皮膚に浸透させます。

 

 

電気で?細胞に隙間?とちょっと怯みますが(笑)、Re;born+(リボーン)などの家庭用美顔器ではもちろん自分で安全に施術できるよう設定されているため、特に刺激も感じませんし心配する必要もあありません。

 

なお、上でも触れましたが、通常美顔器では浸透技術はイオン導入かエレクトロポレーションのどちらかだけのことがほとんどで、両方ともついているRe;born+(リボーン)のような美顔器はとても珍しいです。

 

では二つの導入技術がついた美顔器にはどんなメリットがあるかというと、それぞれが得意な成分を浸透できるということでしょう。

 

イオン導入は、水溶性で分子の大きさが小さな成分を導入するのが得意で、例えばビタミンC誘導体などがその代表です。一方エレクトロポレーションは比較的大きな分子を浸透することができ、ヒアルロン酸やコラーゲンなどの浸透もできるとされます。

 

なので、一つの美顔器に二つの導入技術を備えることで、より多くの成分を皮膚に浸透することができるというわけですね◎

 

LEDフォトフェイシャル

LEDは、刺激のない美容法としてエステなどでも取り入れられています。赤・青・黄の3色が基本で、美顔器によって赤のみだったり、赤と青だったり、赤・青・黄の3色だったりと、いろいろの組み合わせがあります。

 

LEDはそれぞれの色にそれぞれの効果が期待でき、

  • 赤:皮膚細胞の活性化、皮膚再生の促進
  • 青:アクネ菌の殺菌、皮脂抑制
  • 黄:ターンオーバーの正常化、くすみ解消

などが代表的な効果とされます。なので、どんな効果がほしいかによって何色のLEDがついた美顔器を選べば良いかが変わってくるんですね。

 

3色の中でも、アンチエイジング効果が高いとされる赤色LEDは人気があり、LEDがついた美顔器ならほぼすべての美顔器に赤色LEDがついています。

 

LEDの光の感じ方も美顔器によって異なりますが、Re;born+(リボーン)美顔器のLED光は他のLED美顔器に比べても結構明るく感じました。おそらくこれはランプの数が多いからだと思うのですが、目で見ても全く害のない光ですのでご安心を(でも、だからと言ってわざわざLEDを見つめたりしないでくださいね)。

 

RF高周波

RF高周波をつけている美顔器は最近少しずつ増えてきていますが、それだけRF高周波の効果に人気があるからなんでしょうね。

 

基本的には、RF高周波は皮膚の中で熱を作るというのがその働きになります。外側から表面を温めるのではなく、皮膚の内部を直接温めることで、火傷の危険なく温熱効果を皮膚に与えることができる技術です。

 

そしてこの皮膚の中で作られる熱が様々な美容効果をもたらすのですが、RF高周波の具体的な役割は美顔器によって少しずつ違います

 

例えば、ある美顔器ではRF高周波による熱が新陳代謝を高めてターンオーバーを整えるために設定されていますし、また別の美顔器では肌のコラーゲンを増やしてたるみを引き締めるためにRF高周波を使っています。

 

ではRe;born+(リボーン)美顔器におけるRF高周波の役割は?というと、「深層筋」と呼ばれる顔の深い部分にある筋肉を熱で刺激するのがメインの役割となっています。

 

食事や会話などの日常生活ではなかなか使う機会のない深い部分の筋肉を、RF高周波の熱で刺激することがRe;born+(リボーン)美顔器でのRF高周波の働きなんですね。

 

なお、肌の中で熱を作って深い部分の筋肉を刺激するということで、なんとなく火傷したりしないか心配になりそうですが、その心配はもちろんありません。Re;born+(リボーン)美顔器の熱の感じ方はとてもほんわりとした感じで、顔の中がホカホカと温まる心地良い温熱刺激になっています◎

 

EMS

EMSは誰もが知ってる筋肉トレーニングのための機能ですね。Re;born+(リボーン)美顔器にも付いています。

 

EMSも、美顔器によってかなり刺激が痛かったりそこまででもなかったりといろいろありますが、Re;born+(リボーン)美顔器のEMSは適度な筋肉の収縮を感じられるレベルで特に痛みはありません。

 

ただもちろん、自分が意識して動かしているわけでもないのに筋肉がわしわし掴まれているような不思議な感じが得られます。特に目元やおでこに当てたときは、目の周りやおでこから頭にかけての筋肉が勝手にぴくぴく動くので、ちょっともぞもぞして変な感じがしました(笑)

 

この意味でEMSは、美顔器機能の中でも「おお、なんかしっかりケアしてる!」感を得やすい機能かもしれないですね◎

 

「ヒト幹細胞培養液」をベースにした美容液がすごい

Re;born+(リボーン)美顔器は、高い機能性という意味でも贅沢な美顔器ですが、浸透する専用美容液もとても贅沢な設計になっています。どう贅沢なのかというと、「ヒト幹細胞培養液」をベースにしているんですね。

 

幹細胞は、皮膚細胞を活性化させ肌本来の再生能力を蘇らせるなど、とても注目されている成分ですが、幹細胞の中にも「植物に由来する幹細胞」「ヒトに由来する幹細胞」があります。

 

植物とヒトに由来する幹細胞のうち、特に美容効果が高いとされるのはもちろんヒト由来の幹細胞。ヒト由来なので人の肌に合うため効果を発揮しやすいのですね。(ただし、製造コストがかかるためどうしても高価になってしまうのがネックではあります…)

 

さてこのヒト幹細胞を使った美容液を、Re;born+(リボーン)美顔器は「AA美容液」と「SS美容液」の2種類を使います。それぞれにどのような働きがあるのかというと、

  • AA美容液:整肌因子、EGF、fiflow BTXで表皮・真皮を同時にケアし、肌の再生を促進
  • SS美容液:ヒアルロン酸、3種類のコラーゲンで保湿、ハリと弾力のある肌作り

など、AA美容液がアンチエイジング対策、SS美容液がハリ・保湿対策というようにそれぞれに役割があります◎

 

 

美顔器は、そもそもその機能がしっかりしていないと意味がないですが、特に美容成分を浸透させるような美顔器の場合は浸透させる成分そのものも重要になります。

 

その意味でRe;born+(リボーン)美顔器は、「しっかりとした美顔器機能がないと美容効果は生まれない、でも浸透させる美容成分がしっかりしてしないとやっぱり美容効果は生まれない」⇒「だから美顔器も美容液も相当こだわったよ!」と言っているような美顔器なのかなと思います◎

 

<<AA美容液の全成分>>
水、グリセリン、BG、DPG、ヒト脂肪細胞順化培養液エキス、リンゴ果実培養細胞エキス、プラセンタエキス(ウマ)、ヒトオリゴペプチド-1、カプリロイルジペプチド-17、パーフルオロヘキサン、パーフルオロデカリン、パーフルオロパーヒドロフェナントレン、パーフルオロジメチルシクロヘキサン、グリチルリチン酸2K、ヒアルロン酸Na、ヒアルロン酸アスコルビル、ポリクオタニウム-51、セラミド1、セラミド3、セラミド6U、フィトスフィンゴシン、ダイズ種子エキス、ベタイン、カルボマー、キサンタンガム、リン酸アスコルビルMg、コレステロール、ラウロイル乳酸Na、レシチン、ダイズ油、リン酸Na、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、水添レシチン、ポリソルベート80、カプリリルグリコール、酢酸トコフェロール、ラウロイルグルタミン酸、ジオクチルドデセス-5、水酸化K、エタノール、1,2-ヘキサンジオール、フェノキシエタノール、メチルパラベン
<<SS美容液の全成分>>
水、グリセリン、BG、ベタイン、DPG、ヒト脂肪細胞順化培養液エキス、スイゼンジノリ多糖体、加水分解コラーゲン、加水分解ヒアルロン酸、加水分解シルク、水溶性コラーゲン、ヒアルロン酸Na、ヒアルロン酸アスコルビル、ユズ果実エキス、カプリロイルジペプチド-17、グリチルリチン酸2K、アラントイン、サクラ葉エキス、チャ茶エキス、カミツレ花エキス、セルロースガム、カルボマー、ポリソルベート80、カプリリルグリコール、酢酸トコフェロール、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、エタノール、水酸化K、水添レシチン、1,2-ヘキサンジオール、安息香酸Na、フェノキシエタノール、メチルパラベン

 

Re;born+(リボーン)美顔器の使い方

さて、次はRe;born+(リボーン)美顔器で効果を感じるための正しい使い方をご紹介。

 

Re;born+(リボーン)美顔器は、

  1. 顔にAA美容液を塗り、
  2. 美顔器のスイッチを入れて、出力レベルとLEDの色を選び、
  3. 肌に美顔器を当ててトリートメントし、
  4. 一定時間後に今度はSS美容液を塗って同じようにトリートメントし、
  5. 10分後に電源が自動でOFFになったら終了

というふうに使います。順番に見ていきますね。

まずは美容液を顔に塗ります。

こちらは美容液のAAとSSを手に取ったところ。

 

 

AA美容液もSS美容液もかなりとろっとした粘性のある美容液です。SS美容液の方がAA美容液よりはさらっとしています。二つの美容液とも、香りはほんのかすか〜な感じで、化粧品特有の香りが苦手な私にはとてもありがたい感じ。

 

Re;born+(リボーン)美顔器の取扱説明書では、「美容液を500円玉サイズほどをたっぷり顔に塗った状態でトリートメントを始める」ように書いてあるのですが、最初にたっぷり塗ってしまうと後で乾いてきた時に美顔器の滑りが悪くなるので、私は少しずつ塗り足すような使い方の方が便利に感じました

 

また、Re;born+(リボーン)美顔器の口コミでは美容液のべたつきについて触れている口コミを私も見かけていたので、どんな時に浸透が悪くべたべたになるのか少し注目して使ってみたのですが、どうやらこれは肌の温度に関係あるようです

 

どうも、肌の温度が低いと美容液の浸透が悪くなり、ケア後の肌がべたつくみたいなんですね。

 

なので、意識して少しゆっくり目にRe;born+(リボーン)美顔器を動かし、RF高周波の熱で肌がしっかり温まるのを感じながら浸透させるように心がけました。そうすると、ケア後に無駄に美容液がべたべたした感じがなくなってイイ感じのお肌が出来上がるようになりましたよ♪

そして美顔器の出力レベルとLEDの色を選びます。

次に、美顔器のスイッチを入れて、出力レベルとLEDの色を選びます。

 

まず、上半分の「POWER」ボタンを押すと電源が入り、レベル1が点灯します(写真では、かすかにレベル1が赤く点灯しているのが確認できます)。POWERボタンを押すごとにレベルを変更できます。

 

この出力レベルは、RF高周波、EMS、エレクトロポレーション、イオン導入のすべてのレベルを示しており、レベル4が最も強いレベルです。EMSなどの刺激に慣れる意味もあり、初めはレベル1から慣らしていきます。

 

ちなみに私はレベル1でもそれほど刺激も感じなかったため、一気にレベル4まで上げました。さすがにEMSの刺激が強くなりましたが特に刺激にうろたえることもありませんでした。

 

そして、下半分の「LED SEL(LEDセレクト)」ボタンでLEDの色を選びます

 

こちらもボタンを押すごとにLEDの色が切り替わります。

  • 1回押す…黄色ランプ
  • 2回押す…赤色ランプ
  • 3回押す…青色ランプ
  • 4回押す…全色で点滅
  • 5回押す…全色が点灯

と変わっていきます。目で見ても安全な光ですが結構明るいので、ぴかーっ!と点灯すると最初はちょっと焦りましたがすぐ慣れます(笑)

LEDの色とケア時間の選び方

美容液を顔に塗り、出力レベルとLEDの色を選んだらいよいよRe;born+(リボーン)美顔器でケアを始めます。

 

自分のオリジナルのケア方法を編み出すのも楽しいと思いますが、一応取扱説明書で目的別に使い方が紹介されているので最初はそれに従うのがやっぱり良いかなと。

 

目的別の使い方としては、

  • 肌に透明感がほしい場合…黄色LED、7分AA美容液+3分SS美容液
  • 肌荒れが気になる場合…赤色LED、7分AA美容液+3分SS美容液
  • 皮脂が気になる場合…青色LED、8分AA美容液+2分SS美容液
  • ハリが気になる場合…全灯LED、3分AA美容液+7分SS美容液

というのが基本的なRe;born+(リボーン)美顔器の使い方です。

 

私は、たるみやほうれい線を特に対策したいと思ったのと、全色LEDがついたら何となく全部の効果が得られるんじゃ、という貧乏くさい発想で(笑)全灯のケアをしてみました。

 

【たるみ・ハリ効果】リボーン美顔器のリフトアップ効果は感じやすい!

では、ようやくここからRe;born+(リボーン)美顔器の効果をご紹介していきます!既に長くなってきちゃったけど飽きてませんか?だいじょうぶ??笑

 

まず、たるみや肌の弾力への効果です。たるみやハリを意識したケアをしたので当然かもですが、これは効果が分かりやすかったです。

 

で、さっさとビフォーアフターに行きますね。

 

 

ちょっとビフォーの画像が粗いのが申し訳ないのですが、Re;born+(リボーン)前後で確かに頬肉が少し減って顔がシュッとしたと思いませんか?自分で鏡を見ても、Re;born+(リボーン)美顔器後は目が覚めた感じというか、生き生きとしてパキッとした顔になった気がしました。

 

これには確かにEMSやRF高周波やその他Re;born+(リボーン)美顔器の機能が効いているんだろうなぁと思ったのですが、もう一つ「あ、なるほど」と思ったのは、Re;born+(リボーン)美顔器のヘッドの形です。

 

Re;born+(リボーン)美顔器のヘッドは、顔に対して65度の角度で当たるように設計されています。手や顔が「確かに65度だ!」と感じるわけではもちろんないですが、実際顔に当てやすいのでケア中は電極全てを常に肌に当てておくというのが可能になるのです(電極が離れていると正しく効果を得られなくなります)。

 

それと、緩やかなU字の形が、ほうれい線や頬のたるみを持ち上げるのにちょうどいいんですね。無理やりつまみ上げるわけではないですが、U字のお椀の底部分にいい感じに頬肉がたまってブルドーザーのように上げていく感じ(かえって分からないって?)。

 

美顔器ヘッドの形状ってなかなか大事なのね、ということが分かった気がしました◎

【保湿効果】美容液の導入による保湿効果はかなり良い◎

Re;born+(リボーン)美顔器は、ヒト幹細胞培養液を使った美容液を浸透させます。この美容液、きちんと浸透させるとその後の肌の保湿感&もちもち感がとても良い感じになります♪

 

私はアラフォーのご多分に漏れず口の周りが乾燥して粉をふいた状態になりやすいです(涙)。なので、口元はほうれい線のたるみをリフトアップ以外に、しっかり保湿することも意識してRe;born+(リボーン)美顔器を当てました。

 

EMSが口の周りの筋肉をぴくぴく動かすのを感じつつ、上でご紹介した通り、RF高周波の温熱効果で肌がしっかり温まるようにしながら美顔器を動かしてみました。

 

そうすると、粘りのある美容液が浸透して肌がもっちり。口元の粉吹き状態もこうすると潤うのか、とちょっと目からうろこでした。

 

ただ、なんとなく手抜きでささっと美顔器を動かすと、肌の温度が上がりにくくなるようで、そうするとやっぱり浸透が悪くなりべたつきを感じます。ここは、自分なりに上手に肌を温めながらトリートメントできるようになりたいところですね◎

【毛穴効果】EMS+LED青+保湿が毛穴を引き締めた?!

もう一つ、「ほほぉ…」と思ったのは、開き毛穴やたるみ(かけ)毛穴にもRe;born+(リボーン)美顔器はなかなか効果を発揮してくれたことでした。

 

私の毛穴はいろいろなタイプが混ざっていて、小鼻周辺の毛穴は角栓が詰まり気味、鼻の両脇の毛穴は開いて広がり気味だったり縦長にたるみ気味、頬の毛穴は開いて広がり気味、という感じです。

 

このうち、小鼻の角栓にはそこまで効果があったようには思いませんでしたが(Re;born+(リボーン)美顔器にはクレンジング機能はないですしね)、鼻の横や頬の毛穴はケア後は小さく引き締まってきて、キメが整ってきているのを感じます。

 

Re;born+(リボーン)美顔器は5つの機能を同時に使うため、どの機能が毛穴に効いたのか判断することはできないですが、思い当たるのは、

  • EMSがたるんだ毛穴周りを引き締めたり、
  • LED青が皮脂を抑えたり、
  • 美容液の浸透で充分保湿できたことで毛穴が開く必要がなくなったり、

といったことが、総合的に毛穴の引き締めに効いたのかな??と思っています(あくまで主観ですけどね)。

【シミ効果】シミ効果は後からゆっくり効いてくるイメージ

Re;born+(リボーン)美顔器の美容液には、「上皮成長因子EGF」が配合されています。

 

上皮成長因子EGFは、肌のターンオーバーを促進して健康な角質を作るのを助けます。このため、色素が沈着した状態であるシミやくすみの改善効果があるとされます。

 

実際私も、Re;born+(リボーン)美顔器でケアを始めてから顔色が明るくなってきていると感じます

 

これは、EMSとかRF高周波が血行や新陳代謝を改善して老廃物を排出し、肌を健康な状態にしてくれていることや、EGFが含まれる美容液が浸透して角質が少しずつ健康で色素の排出が進んできているからなのかな?と思っています。

 

ただ、Re;born+(リボーン)美顔器のようなレーザーではない美顔器は、シミを消す効果はレーザー美顔器よりやはりゆっくり&緩やかに感じる気がします

 

実際にレーザー美顔器とRe;born+(リボーン)美顔器を同時に使ってシミが消える速さを比較することはできないですが、感覚的には「シミがかさぶたになった!⇒あ、取れた!」という経験をすることもあるレーザー美顔器の方が、効果が分かりやすいんですよね。

 

美容液を浸透することで効果を得るRe;born+(リボーン)のような美顔器の場合は、シミに対して少しずつすこーしずつ効果が出てくるため、ある時「あれっ??そういえばここにシミがあった気がするけど、薄くなってる??」と気付くことが多いです。そしてそこまであまり大きな変化を感じずに「待つ」感覚になるので、結局ゆっくり&緩やかな感じ方になることが多いなと。

 

とはいえ血行が良くなったり潤いが増すとシミも目立ちにくくなったりもするので、シミがごまかし易くなるという効果は結構早いうちに感じられるかも◎

Re;born+(リボーン)美顔器を購入して失敗/後悔しないために

Re;born+(リボーン)美顔器はかなりの高機能美顔器で、且つなかなかの高級美顔器の部類に入ります。

 

せっかく大枚をはたいて購入するのですから、失敗/後悔はしたくない!ということで、Re;born+(リボーン)美顔器で失敗や後悔をした(かもしれない)事例についてご紹介しておきます。

リボーン美顔器が失敗だったというブログ?

Re;born+(リボーン)美顔器は、購入して大失敗した!というショッキングなブログを見かけた方もいらっしゃるかと思います。

 

具体的に何が失敗だったのかというと、

  • 美顔器のスイッチが壊れていた
  • 交換したけれど新しい美顔器も壊れていた
  • 結局返品しようとしたら顧客対応で不愉快な思いをした

ということのようです。何というか、大変でしたね…と言いたくなってしまいそうですね。。2回も壊れていて、その上先方の対応に納得できなければ私も怒り狂うかもしれません。

 

確かにこういう話を聞くと、じゃぁ私も購入はやめておこうかな…と思いそう、とも思うのですが。。

 

実際このブログの方はこんな経験をされたのでご自身の体験をブログでシェアしているわけですが、私自身もRe;born+(リボーン)美顔器を実際使ってみた経験をここにシェアしてるんですよね。

 

私が使ったRe;born+(リボーン)美顔器には特に不備もなく、交換や返品の必要もありませんでした。そして、写真でご紹介した通り効果も感じています。

 

なので、自分でもRe;born+(リボーン)美顔器を使ってみた感覚からすると、このブログの方は気の毒に本当にアンラッキーだったのかなぁ…という気もします。

普通に使えるけど、「あれ?」と思う場面?

それからもう一つ、Re;born+(リボーン)美顔器に限らず美顔器を買って失敗と感じるかもしれない場面は、「あれっ?この美顔器、値段の割に安っぽくない?もしかしてだまされた?」と思うような場面もあるかなと思います。

 

その点で言うと、Re;born+(リボーン)美顔器は本体が100グラムしかないんですね。プラスチックでとても軽く作ってあって、これは例えばiPhone 7の138グラムより軽いです。で、本体がシンプルな白色です。

 

なので、見方によってはこの軽くてシンプルな作りが逆に「安っぽい」と見えてしまうこともあるかもしれないなと思います。そして、そう見えてしまうと、価格と比較して失敗感を感じてしまう方もいるんじゃないかなと。ネガティブなことの方がどうしても説得力を持ってしまいますからね。

 

ただこの辺は、重くなれば「重すぎてケアが続かない」という不満になるし、色も含めたデザインは好みもあるので、デザインや質感だけで不安を募らせるよりは、しっかり使って効果を感じてみる方が有意義じゃないかなぁ??と思ったりもします。。

 

Re;born+(リボーン)美顔器のお得な購入方法!

最後に、Re;born+(リボーン)美顔器を少しでもお得に購入する方法について確認しておきましょう。お値段の張る美顔器なので、少しでも安く購入する手段があるなら利用するに越したことはないですしね。

 

まずRe;born+(リボーン)美顔器は、通常価格で購入すると合計131,600円とかなり高額になります。

 

 

このためRe;born+(リボーン)美顔器には、「定期購入」することで1回の出費を抑えるプランが用意されています。

 

定期コースを利用して購入すると、
美顔器本体(通常価格120,000円)⇒無料
になります。

 

そして実際の支払いは、

  • 初回(美顔器本体+美容液2本セット)⇒7,540円
  • 2回目以降(美容液2本セット:通常11,600円)⇒9,800円
  • 送料は毎回無料

となり、1回の支払いが1万円以内に抑えられるのですね。

 

また、お届け日は早めたり遅めたりすることもできるので、自分のペースで続けることが可能です。

 

Re;born+(リボーン)美顔器でケアすることでそれ以外のスキンケアが不要になるので、この美顔器の5つの機能と美容液によるケアを、月々1万円以内で自分のペースで行うことができるということになります。

 

なお、定期購入コースでの12回分の支払総額は115,340円です。

 

エステやクリニックなどで施術を受けると1回〜数回でも10万円を超えたりしますし、Re;born+(リボーン)美顔器や美容液を単品で揃えようとすると12カ月の総額は259,200円(!)となるので、それを考えると、じっくり自分で質の高いケアができる美顔器と美容液のセットを毎月1万円以内で購入できる定期購入コースはなかなかお得なプランではないかと思います◎